社会問題

コロナで大騒ぎしている「新型コロナ対策」の本当の目的ってなんだろう?

投稿日:


自分の命と大切な人の命を守るため、本当に大切な内容です。
今のような事態になったのは、「コロナ禍」という「コロナが要因」なのではなく、「コロナを要因にした」間違った対策とメディアの煽りが作り出した「コロナ騒ぎ」です。
・確かではない情報は信じない
・危ないものには近づかない
・自分の頭で考えて行動する
・「みんながするから」が最も危ない
・特にメディアの情報には気をつけた方がいい

今のような状況が変だと思いませんか?
「コロナ騒ぎ」が始まって一年経ちますが、私はその対応は矛盾だらけ、おかしなことばかりだと思います。
今のような「コロナ騒ぎ」を終わらせるにはみんなが勉強して賢くなる他に方法がありません。
誰もが今すぐにできることは簡単です。
・「新型コロナウイルス感染予防」のためのマスクを外す。(他の理由で必要な場合は除く)
・「新型コロナウイルスワクチン」は打たない。
今のような状況はどう考えてもおかしい。
社会も学校もみんなおかしくなったしまっている。
こんなになると「新型コロナ対策」の本当の目的ってなんだろう?
コロナは怖くない、日本に蔓延する「奇妙な恐怖心」のほうが心配
コロナを終息させるには「指定感染症としてインフルと同等まで格下げする」ことしかない
コロナ対策にしても特別なことをしなくても普段から心がけていればいいことばかり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

相模原障害者殺傷事件「障害者はいないほうがいい」なんて言われない社会作りを

相模原障害者殺傷事件に関してテレビや雑誌、ネットなどのメディアでは容疑者が措置入院していたとか精神疾患があるとか大麻を吸っていたとか、そんなことばかり報道しています。 そして、あたかも容疑者が精神疾患 …

学校や会社が嫌ならとっとと辞めて、自分のすきなことをやったらいい

「教育委員会や警察にまで相談しているのに、どこも動いてくれない。」 これが、今の現状です。 いじめは犯罪だ! 被害者が声を出さない限り、なにも変えることはできません。 なのに加害者も被害者も犯罪だとい …

勇気、仲間、やさしさがあれば、誰でも「伊達直人」リアルヒーローになれる

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗り、全国の児童養護施設などにランドセルなどを寄付する運動のきっかけを作った男性が、7日、都内で開かれたプロレスのイベントに参加して、支援活動にかける思い …

学校とはいじめを生みやすい環境であることを強く認識すべき

情報が共有されないどころか、いじめが見逃され放置されている。対応がなされない。 今回も防ぐことができた自殺、ではなく教育関係者による「他殺」だという認識をすべきだ。 「学校とはいじめを生みやすい環境で …

小保方晴子さんの「あの日」の主張を支持します

小保方晴子さんの「あの日」を読みました。 STAP細胞の有無についても様々な意見がありますし、何が真実なのか分かりませんが、私は彼女の主張を支持します。 どんな対応をしたとしても、勝手なことをいう人は …

スポンサーリンク

スポンサーリンク