教育

「みんなちがったら都合が悪い」というのが、今の日本の学校教育

投稿日:

私もときどき地域の学校の見学に行きますが、教室が静かですね。
すべての教室がそうではありませんが、子どもたちは黙って何かに耐えているような気がします。
小学校ではそうでもないのですが、中学生はいわれたままに教科書を開き、指示通りアンダーラインを引き、板書をノートに書き移すの繰り返しです。
これが、主体的な、生徒が主人公の勉強だとは思えません。
中には、個人の努力と勉強によって子どもの理解を深め、熱心に教育に当たっている教員もいますが、上から決められたことを決められたように、みんなが同じようなことをしていても、ちっとも楽しくないですよ。
教員も上から言われたことだけで、楽しくないことやっているのですから子どもが楽しいはずがないです。
「みんなちがったら都合が悪い」というのが、今の日本の学校教育です。
自己主張しない子を育てているのが、今の日本の学校教育です。
ものを言わないで黙って命令に従う子を育てているのが、今の日本の学校教育です。
子どもの「生きる力」「自ら切り開いていく力」「自立」を妨げているのが、今の日本の学校教育です。
となりのクラスと違うことをして目立ったら管理職や教育委員会から「教育的指導」を受けるのが、今の日本の学校です。
教員自身も矛盾を感じながらも、上から監視・管理されていますので、その多くは何もいえないのです。
これは、学校に責任を押し付けるだけでは、学校改革・授業改善はできません。
今の教職員の仕事量は半端ではありません。
一人ひとりのキャパシティーの限界をはるかに超えている仕事が山のようにあり、終わることがないほどいろいろな分掌を掛け持ちしています。
学校は教職員と保護者だけで作るものではありません。
もっと地域のプロフェッショナルも関わりながら学校作りを進めていくことで、教職員の負担をなくしていくことは可能だと思います。
やはり人の手が絶対的に足りていません。
それを改善するために一番早いのは、必要のない仕事をバッサリ切ってしまうことです。
民間の経営努力と効率化を見習って、子どもの教育とは関係のない余計な仕事はやめるべきです。
そうすれば、子どもや保護者と関わる時間は十分に確保できます。
あと、鳥取県や各自治体の来年度予算の目玉として「子育て・教育に重点配分」とありますが、問題なのはその中身です。
子どもの教育にあたって、きちんと執行されているかをしっかり見届けていくことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

5月25日に「ICTで獲得する学習に困難のある子どもの学び」セミナー開催

5月25日に「ICTで獲得する学習に困難のある子どもの学び」セミナーが開かれました。 講演資料がWebで公開され、前記のサイトではその時の様子が公開されています。 講演資料はICT活用に関する広い範囲 …

子供がネットを利用する際のルール作りの支援を義務付けるのはおかしい

兵庫県が、すべての県民を対象にした「子供がネットを利用する際のルール作りの支援を義務付ける」条例改正案が3月の本会議で採決される見通しで、4月の施行を目指すといいます。 全県民に義務化されるというのは …

不登校児童生徒への支援の在り方を「通知」で終わらせないために

・児童生徒が不登校になってからの事後的な取組だけでなく,児童生徒が不登校にならない,魅力ある学校づくりを目指すことが重要である ・不登校とは、多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっていると …

「やさしさ」という技術 賢い利己主義者になるため

「賢い利己主義者」という言葉がしっくりきます。 ・「やさしさ」という技術 ・他人のロールモデルとなる ・あなたの個性を変える必要はない ・「ささいなこと」に、すばらしい意味がある ・誰かにアドバイスを …

日本ってこれが道徳の教科書になるなんて!教科化には反対します

学校での道徳の授業スタイルも進め方もいろいろな形があっていいとは思います。 授業の仕方によっては意味のある学習もできます。 しかし、国がその内容や価値観を定めたり、価値観の押しつけや担任による狭い評価 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク