教育

小学生暴力最多10年で6倍、「感情抑えられない」ことが理由なのか?

投稿日:

文部科学省が26日に結果を公表した2016年度の問題行動・不登校調査で、小学校ではいじめの認知件数だけでなく、暴力行為件数と不登校の児童数も過去最多となった。いずれも低年齢化が進んでいる。学校現場からは感情を抑える力やコミュニケーション能力が低下し、児童同士のトラブルが急増していると指摘する声が上がっている。

ある校長は「感情をコントロールできず、言葉よりも先に手が出てしまう児童が増えた。児童同士の小競り合いは毎日のように起きている」という。多分多くの学校関係者はそう考えていると思います。
しかしこれは違います。この校長は児童個々に問題があるといっていますが、まったく逆です。
相手の言動に対して言語化して対応ができないためにそれを伝えるために暴力という手段を使っているんです。
さらに、「児童間のトラブルはそのほとんどが学校で起きている」ことに注目する必要があります。
つまり、学校において人間関係を作ったりコミュニケーション能力を育てたりすることができていないということです。
人は論理で立ち向かえないと他の手段で向かうしかありません。だから子どもたちは暴力で表現するしかないんです。
この校長、「感情をコントロールする」とは何か分かっているのでしょうか?
それは、親や教員の都合のいいように合わせることではありません。
親や教員の言われるままに従って、自分の感情を抑えて集団の意向やその場に合わせることではありません。
生まれた瞬間から自分の感情を勝手にコントロールさせられて、親や教員から「与えられた感情」「期待される感情」を教え込まれてそれに合わないことを叱責される。さらに言語表現できない場合はどうなるか?
そこまで理解している発言ではありませんね。
「子どもが変わってきた、子どもが大変だ」という世の論調も同じです。
そうさせているのは誰なのか、そこが欠けています。
これが、これまでの学校教育の結果です。
だとしたら、学校が何をしなければいけないのか?
それは、「学校の論理」で子どもたちに強制しないこと。ひとつの答を覚える学習ではなく、考える過程を重視しそれを評価すること。自分で考え他者に伝えられる力、言語によるコミュニケーション能力を育てることです。
そのためには、教員の目的意識、児童観、学習観、評価観を変えていく必要があります。
子どもだけではなく、教員も学校内や教育委員会に対して自分の考えや意見が言えているのか?
それができない関係性や環境ではコミュニケーション能力を育てることはできません。そうなったら他の手段で訴えるか自分を抑えて我慢するしかありません。
こういった見方が重要なんです。
これを個人の問題としている限り、何も変わりません。
つまり、学校では人間関係作りやコミュニケーション能力は育っていない。
「学校に行かないと人間関係が作れない」という人がいますが、学校外の方がそのような力は身につくのです。
これが学校に行かなくてもいいひとつの理由です。
小学生暴力最多 10年で6倍 感情抑えられず 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「障害者差別解消法」「合理的配慮の義務化」を知っていますか?

今日の日本海新聞にも載っていましたが、4月から施行られる「障害者差別解消法」の認知度がかなり低いです。 関係者の一部は勉強会などを通して知っていますが、大手メディアなどの報道でもほとんど目にすることが …

教員の多くは全国学力テストに全く意味を感じていませんが・・・

全国の小中学校での4月の授業は、全国学力テストのための「対策」に時間を費やしています。 対象学年では教科書をやらないで、通常の授業に支障が出ている学校もあります。 教育委員会はテスト対策授業を行わない …

生きる力が弱いことを「自己責任論」や「自助努力論」で片付けてはいけません

貧富の差による「学力格差」については改めて取り上げる問題ではありません。 「学力」の定義をどうするかという問題もありますが、ここでいうのは学歴による格差のことを言っているのだと思います。 大事なことは …

森のようちえん「木とねっこ」主催の「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会

今日は、映画「さぁ のはらへいこう」の上映会&交流会に行ってきました。 木とねっこさんとのご縁で、昨日はいろいろな方とのつながりができました。 ご縁に感謝しています。 鳥取県中部の「森のようちえん」あ …

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか?

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか? 目を通してみると整理できると思います。 ・親が考え方、受け止め方を変えること ・一喜一憂しない、未来に希望を持つ ・第3者の存在の重要性 ・心身の …

スポンサーリンク

スポンサーリンク