暮らし

「ありがたやありがたや」今朝もとても感動的なことがありました

投稿日:2019年5月16日 更新日:


ありがたやありがたや。
今朝もとても感動的なことがありました。
すごいことが起こりました。

毎日当たり前のようにやっていることが奇跡の連続。
こんな日常的なことにもいちいち感動と感謝の繰り返し。
とにかくそばに誰かがいてくれるだけでいい。そこにいてくれるだけでいい。
これ以上なにも要らない、なにも求めないけどそれでいい。
自分自身の毎日の変化そのことがうれしい。
ありがたやありがたや。
感謝、感謝。
人ってすごいなあ。
笑顔ってやっぱりいいなあ。

「今」を思う存分楽しんで

こんな環境にいられるのは何年ぶりだろう。
「させよう」とか「やらせる」とか「でなければならない」とかは一切ない世界。
誰かと比べることもなく、誰かと競うこともなく、ただ自分の目標に向かって一歩また一歩を続けていくだけの世界。
昨日の自分より一歩前進できたことがうれしい。確実に自分の目指すゴールに近づいていることがうれしい。
まるで生まれたての赤ちゃんが一日一日成長しているような感じだ。
赤ちゃんはなにもしなくてもいるだけでみんなを笑顔にする。泣いた笑ったふてくされたイヤイヤし出した。すべての行為がみんなを笑顔にする。存在そのものが喜ばれみんなを元気にする。
でも私たちはいつから当たり前のことに感謝しなくなり、他者と比較して優越意識や劣等意識を感じ、他者と競い勝つことに自分の存在感を感じるようになってしまったのだろう?
「普通」とか「常識」とかという目に見えない存在しない「なにか」の枠の中に閉じ込められ、有り余る過剰な情報社会の渦の中に入っていることにも気づかないで振り回される日々で本質を忘れがちなのではないでしょうか。
だからこそ、こんな貴重な経験はめったにできることではありません。めったに入れる世界ではありません。だから、「今」を思う存分楽しんでいます。
日々自分自身の変化を観られています。そしてその変化を喜び感謝。
今、こんな日々を送ることができています。さらに毎日毎日の変化が自信につながっていることも確かです。
ありがたやありがたや。

感動も感謝も他者から与えられるものではなく自分自身が感じること

情報は武器にもなるけど凶器にも狂気にもなります。
しばらくの間情報を遮断してみるとスゴい発見があり、感動と感謝に包まれる体験ができますよ。
これは病みつきになりますよ。
日々いかに「しなければならない」「すべき」で動かされていることに気づけます。
今すぐ情報端末をオフにして過ごしてみませんか?
日々の暮らしの中で自分自身の変化をスモールステップで小さなものさしで観るといいです。赤ちゃんを観るものさしです。
そうすると、ちょっとしたことで感動と感謝があります。
そして、それをクリアしていくことがゲームのような達成感や満足感を感じることができます。クリアすることが目的であり評価となります。
最も大切なことは他者と比較することでも他者からの評価でもなく自己満足感であり、感動も感謝も他者から与えられるものではなく自分自身が感じることなのですから。
平成31年1月と3月にも人生のビッグイベントがありましたが、令和元年5月は自分史上忘れられない月になりました。
どんなことがあってもすべては自分次代、すべては自分の中にある。そして、すべての人に感謝します。
敢えて抽象的な表現を使っていますが、多くの人たちが体験していることです。しかし、すぐに感謝を忘れてしまい他者のせいにしてしまうのもまた人というものです。
ありがたやありがたや。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

米子で傾聴コミュニケーション勉強講座が開催されます

答えは本人がすでに持っています。 だから、他者に吐き出すこと話すことが大切で、そのために聴いてもらえる相手との関係性が重要なんですよ。 話を聴くことそのものが解決になることだってあります。 聴くことに …

人は自然の中で暮らすのが一番なのです

人間よ田舎に還ろう! 里山には、代々の先祖が営々と育んできた、自然と共生するシステムがある。 自然と共生すれば、水と食料と燃料、現金収入がちゃんと手に入る。 新鮮な野菜に魚、おいしい水、火を囲む楽しい …

欧州政治に「フォースの覚醒」スペイン総選挙でポデモス躍進

今年注目しているものの一つがスペインのポデモスです。 党首パブロ・イグレシアスのカリスマ的な存在ばかりがクローズアップされていますが、ポデモス支持者の日々の地道な行動が投票率を上げ、議席獲得につながっ …

障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて

教育現場では発達障害やアスペルガーを見つけるのに躍起になっているようで、向かう先は児童相談所や発達障害支援センターであり、知能や特性のばらつきを検査で指摘されて精神科へ紹介、精神薬を飲まされるというの …

「HSC」にとって学校ほど過酷な社会はありません

そもそも「HSC」にとって、学校ほど過酷な社会はありません。大人であれば、対人関係が苦手であったとしても、それをさほど必要としない働き方を選ぶことができます。しかし、学校という場は全員が同じでなければ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク