暮らし

「ありがたやありがたや」今朝もとても感動的なことがありました

投稿日:2019年5月16日 更新日:


ありがたやありがたや。
今朝もとても感動的なことがありました。
すごいことが起こりました。

毎日当たり前のようにやっていることが奇跡の連続。
こんな日常的なことにもいちいち感動と感謝の繰り返し。
とにかくそばに誰かがいてくれるだけでいい。そこにいてくれるだけでいい。
これ以上なにも要らない、なにも求めないけどそれでいい。
自分自身の毎日の変化そのことがうれしい。
ありがたやありがたや。
感謝、感謝。
人ってすごいなあ。
笑顔ってやっぱりいいなあ。

「今」を思う存分楽しんで

こんな環境にいられるのは何年ぶりだろう。
「させよう」とか「やらせる」とか「でなければならない」とかは一切ない世界。
誰かと比べることもなく、誰かと競うこともなく、ただ自分の目標に向かって一歩また一歩を続けていくだけの世界。
昨日の自分より一歩前進できたことがうれしい。確実に自分の目指すゴールに近づいていることがうれしい。
まるで生まれたての赤ちゃんが一日一日成長しているような感じだ。
赤ちゃんはなにもしなくてもいるだけでみんなを笑顔にする。泣いた笑ったふてくされたイヤイヤし出した。すべての行為がみんなを笑顔にする。存在そのものが喜ばれみんなを元気にする。
でも私たちはいつから当たり前のことに感謝しなくなり、他者と比較して優越意識や劣等意識を感じ、他者と競い勝つことに自分の存在感を感じるようになってしまったのだろう?
「普通」とか「常識」とかという目に見えない存在しない「なにか」の枠の中に閉じ込められ、有り余る過剰な情報社会の渦の中に入っていることにも気づかないで振り回される日々で本質を忘れがちなのではないでしょうか。
だからこそ、こんな貴重な経験はめったにできることではありません。めったに入れる世界ではありません。だから、「今」を思う存分楽しんでいます。
日々自分自身の変化を観られています。そしてその変化を喜び感謝。
今、こんな日々を送ることができています。さらに毎日毎日の変化が自信につながっていることも確かです。
ありがたやありがたや。

感動も感謝も他者から与えられるものではなく自分自身が感じること

情報は武器にもなるけど凶器にも狂気にもなります。
しばらくの間情報を遮断してみるとスゴい発見があり、感動と感謝に包まれる体験ができますよ。
これは病みつきになりますよ。
日々いかに「しなければならない」「すべき」で動かされていることに気づけます。
今すぐ情報端末をオフにして過ごしてみませんか?
日々の暮らしの中で自分自身の変化をスモールステップで小さなものさしで観るといいです。赤ちゃんを観るものさしです。
そうすると、ちょっとしたことで感動と感謝があります。
そして、それをクリアしていくことがゲームのような達成感や満足感を感じることができます。クリアすることが目的であり評価となります。
最も大切なことは他者と比較することでも他者からの評価でもなく自己満足感であり、感動も感謝も他者から与えられるものではなく自分自身が感じることなのですから。
平成31年1月と3月にも人生のビッグイベントがありましたが、令和元年5月は自分史上忘れられない月になりました。
どんなことがあってもすべては自分次代、すべては自分の中にある。そして、すべての人に感謝します。
敢えて抽象的な表現を使っていますが、多くの人たちが体験していることです。しかし、すぐに感謝を忘れてしまい他者のせいにしてしまうのもまた人というものです。
ありがたやありがたや。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

外遊び強要、熱中症軽視する小学校の過酷な夏ルール

「学校の決まりだから、先生がいっているから」で命まで落としている事実があります。 間違っていること、危険なことに対してはっきりと「No!」と言える子どもを育てる必要があります。 決して先生のいうことを …

リニア新幹線を作る金があったら山陰新幹線を作れ!

リニア新幹線を作る金があったら山陰新幹線を作れ! って、山陰には新幹線は必要ないけど。 山陰に新幹線を通そうという動きが再燃している。 先ほど、松江市や鳥取市など関係自治体トップが集まって超高速鉄道の …

合理的配慮は特別扱いではなく「ちょっとした工夫」でできる

とあるフォーラムで出会った、複数の障害のある方と話をしました。 彼は42歳で発達障害の診断を受け、心身症、パニック障害、うつ病、メニエール病があります。 話の中で「合理的配慮」の話題になりました。 合 …

競い合いから助け合い、敵視から共感の社会を目指して

「変わった人」「普通じゃない人」を避けたり排除しようとするのは一人ひとりの心の動き。 優劣や損得で人を決めるという潜在意識がそんな心を作っている。 その心の動きが社会性を構築している。 それが国のルー …

鳥取県災害ボランティアのみなさん、本当にありがとうございます

災害ボランティアのみなさん、本当にありがとうございます。 「できること」を「できるとき」に「できる人が」がキーワードですね。 普通の日常が当たり前ではなく、奇跡の連続なんだなということを痛感しました。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク