暮らし

緊急事態宣言の発令、コロナ禍が国民の健康と生命に甚大な脅威とは思えない

投稿日:

今の日本で、コロナ禍が国民の健康と生命に甚大な脅威なのか?
「緊急事態宣言の発令」に関して、私も長谷川さんと同じ考えです。
これでは感染拡大は止められないし、小売店、飲食店、中小企業の倒産は増え、生活困窮者を増やす結果に終わります。
政府、専門家会議はこれらに対して明確な回答ができるでしょうか?
また、PCR検査の確かさやマスク着用の効果等についても丁寧な説明を聞きたいです。
行政は「正しい情報を聞いて行動を」といっていますが、行政が不安を煽るような偏った不確かな情報しか伝えないから多くの人たちが不安と不信感を持っているのです。きちんとした説明が足りていません。
「我慢の1ヶ月」?
「勝負の1ヶ月」?
「国民一丸となって」?
これが専門家の言う言葉でしょうか?
観念論、精神論ではなく、科学的、医療的に根拠を示して確かな情報が必要なのです。
このままでは、分断がますます進んでいくだけだと思います。
緊急事態宣言の発令に関して、グローバルダイニング代表・長谷川の考え方(2021年1月7日現在)

コロナ禍は「疫病」ではなく「人災」

今は偏った間違っている報道しかされていませんが、このような意見をもっともっと大手メディアでも取り上げるべきです。
「事実」を正確に報道すべきです。
どう考えても、「コロナ」への対応も報道もおかしい。いや間違っている。
特に「テレビに出ている」医療、感染症専門家の対応が間違っているとしか思えません。
テレビで出される間違っている対応や報道によって世の中が混乱し、人々が分断され、おかしな社会を作り出しています。
多くの人がおかしくなっています。コロナ報道もコロナ関連商品のCMも狂っているとしか思えません。
それに気づいて意見を言う人たちは排除の対象になるという、まさに暗黒の世界になっています。
それもこれも、誰もが「自己の責任回避」のためであり、他人の命を守ることと真逆の思考と行動をしているのです。
特に医療専門家、政府、自治体は責任回避だけのために発信しているだけだと思います。本当に無責任だと思います。
これを「コロナ禍」といいます。まさに間違った対応が引き起こした「人災」です。
今は世界中でワクチン一色になっていますが、これほど危険なモノはないと思います。
「コロナはことさら怖れるものではない」
「新しい生活様式の強制はしなくていい」
「日常的に気をつけて生活したらいい」
これが、現時点での私の考えです。
今年は「コロナ禍は「疫病」ではなく「人災」だ」という闘いに勝利する年にしなければなりません!
そうしなければ、人権も表現の自由も奪われて、物言えない「暗黒の時代」がやってくるといっても過言ではありません。
すでに「マスク信者」「マスク絶対主義」が広がってしまった今、絶対に勝利しなければなりません!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

人が生きていくうえで大切な言葉、生きる勇気が出てくる言葉カード

人が生きていくうえで大切な言葉 生きる勇気が出てくる言葉。 それは、 「ありがとう。」 その次に大切な言葉。 それは、 「うん、うん、そうそう。」 「そうだよねえ。」 感謝の気持ちと、受容、共感の気持 …

「障がい者」という「がい」だけひらがなという表記は嫌い、「障害者」のままで良い

言葉が変わると、社会の見方も変化する。 確かにこれも一理あり、言葉によって社会観や個人の思考まで知らず知らずのうちに影響を受けています。 私も言葉に対するこだわりはとても強いです。 障“害”という表記 …

優先席、お年寄りと一口に言っても・・・

えっ?どうしよう・・・? 席を譲らなきゃダメかなあ・・・ 小学生が考える「席を譲らない理由」も一理ある?電車で席を譲らないのは悪か? http://spotlight-media.jp/article …

「障害があるのにこんなことができてすごいね!」の猛烈な違和感

「障害があるのにこんなことができてすごいね、頑張ってるね。」 「学校行ってないのに勉強頑張ってるね。」 っていう人がいます。 はあ? 障害があるとかないとか、学校行ってるとか行ってないとか、まったく関 …

「夢を紡ぐ子育て支援」のための予算配分や人の配置は不十分

安倍氏は、総裁記者会見で第二の矢は「夢を紡ぐ子育て支援」と述べています。 その内容は、 ・希望出生率1.8の実現 ・経済的な理由などで実現できない残念な現実 ・「結婚したい」と願う若者の、背中を押すよ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク