教育

誰もが世界でただ一つのかけがえのない人間、皆同じようにするからおかしなことになる

投稿日:2022年9月20日 更新日:

まったく同感です。
「不登校」も「発達障害」も大人の都合で造り上げられたわけで、なんの問題もありません。
そもそもそんな概念を造り出したことが大きな問題なんです。
10人いたら10人とも違う、100人いたら100とも違う。それが当たり前。
他者と違うことを問題視することが大間違いです。
みんな同じ箱、同じ枠の中に入れようとするから、みんなに同じことをさせようとするから無理が生じるのです。
皆同じ仕組みの中に入れようとするからおかしなことになるのです。
しかもその対応として相変わらずすべての子どもを無理な環境に適応させようと矯正する、問題はそんな間違った対応と環境なんです。
と、とらえることをすべてのスタート地点にしなければなりません。
しかし、今現在の取り組みはそこから間違っています。
一人ひとりに合った対応や環境作りはやろうと思えば今すぐ始めることができるのです。

子どもにとって学校は必要なのか?

子どもにとって必要なのは、学校ではない。
信頼できる人のいる安心して過ごせる場所なのです。
だから「自分らしく」生きて行けるのです。
子どもを無理して学校に行かせて無気力にするのか?
子どもが安心して好きなことに夢中になって過ごすのか?
どちらが自分らしく生き生き生きられるかは明らかです。

子どもにとって重要なことは、その関係性と安心して過ごせる環境です。
安全ではないところには近づきません。それは「自分を守る防衛本能」です。
子どもたちが学校に行きたくないのはそこに安心感がないからです。
学校は教育という「商品」と「サービス」を提供するところですが、その内容はどうでしょうか?
子どもだけでなく、教員にとっても学校はとても不自由なところです。
だから、公立校でも「私は子どもたちにこんな教育をしたい」「私の学校ではこんなことを学べます」という魅力ある商品とサービスの主張をもっともっとしたらいいと思います。
その最も大切なものが「安心感」です。
のほほーんでいいのだ。

誰もが世界でただ一つのかけがえのない人間。

結空間(ゆいくうかん)

基本、私はすべての人がギフテッドだと思っていて。
だって誰もが世界でただ一つのかけがえのない人間。
発達障害って言葉がはやっているけど、これほどいいかげんな物はないと思っていて。
脳が見られるようになっていていろいろ言われているけど、脳もみんな違うのですよ。当然。
人の使いどころが違うだけじゃないの?って。
当然、教育のやり方も違ってないといけないのに。
多様な教育の場がほとんどない。
問題はそこでしょう!
身なりから、進度から、何をするかまで決めるのって、今の時代に不適切です。
機械じゃないんだから「みんな一緒」はおかしいでしょう。
違っていてもみんな仲良くできる事が大切なだけですよね!
オランダの教育を始め先進国と言われる場所の教育を見て居ればわかる事。
世界から三周遅れの教育。
親がそれに疑問を持たず、学校という場所に所属することだけを望んでいては、子どもがつぶれてしまいます!
私は教師ではないですが、学童、放課後デイ、公立中学での支援活動、読み聞かせで多くの学校にも行っていました。
交通安全指導にも行っていたことも。
それらの経験の中で「多様な学びの場の設置」ほど大切な物はないと確信しています。
オランダでは一つの建物の中に三種類の学びの場があったり。
日本もそうしていいと思います。
建築費とか不要だから安くできるでしょ!
空き教室も多い中それの有効利用にもなりますし。
私が中学校につくった学校内フリースクールには小学校から不登校だった子なども来てたし、そこがあるならと戻ってきた子達や、その後教室に戻った子など様々な子が来てました。
そういう場を全国に作りませんか!

結空間(ゆいくうかん)さんのFacebookより

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

ICT機器の活用もコミュニケーションを楽しむことが目的

日本語を勉強する目的は、言葉を通じて相手とのコミュニケーションをするためです。 英語を学習する目的は、英語圏の人たちとコミュニケーションをするためです。 音楽を勉強するのは歌を歌ったり、楽器を演奏する …

大阪府立支援学校で生徒虐待は個人の責任で終わらせてはダメ!

大阪府立難波支援学校(大阪市浪速区)で2016年4~6月、重度の知的障害を持つ高等部1年の男子生徒が、担任の男性教諭から複数回にわたって腕をたたかれたり投げ飛ばされるなどの暴行・「体罰」・虐待を受けて …

不登校の理由は子どもの数だけ理由があるのだからまずは寄り添うこと

毎日新聞の朝刊のコラムを執筆された小国綾子さんの投稿です。 前にも書きましたが、子ども本人と学校の回答で大きな違いが出たのは不登校の理由。 「教職員との関係」を挙げたのは、学校回答の調査ではわずか1. …

「不登校対策」には「学校、教員の方が子どもに合わせる」ことが必要

学校再開後は、休校前以上に学校へ行くことが目的化しています。 学校がますます怖い場所になっています。学校空間が子どもの不安を増大させています。 「長期休暇は不登校のきっかけになりやすい」という。 それ …

原発避難でいじめ 横浜市教委は専門職員を派遣せず

横浜の問題は特別な事例ではなく、全国の学校の氷山の一角だといえます。 「ああ、やっぱりそうだったか」 と感じている人も少なくないのではないでしょうか。 このように、「いじめはどの子にも起こりうる、どの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク