教育

学校は多忙だというのは子どもや保護者への「言い訳」です

投稿日:

教員の多忙化を改善することは可能

学校は多忙だというのは分かります。
私も現場におりましたので先生方の大変さは分かっています。
しかし、「忙しいから」というのは子どもにとって関係ないことです。保護者にとっても「言い訳」にしか聞こえません。
多忙だからというのであれば、それに対して手立てを打つべきです。
それを学校だけに解決を求めるのも難しいとは思いますが、現場でできることはたくさんあります。
「切れることは切る」という覚悟でみんなが力を合わせれば、教員の多忙化は改善できます!
それをしてこなかった、できなかったのは現場や教委の責任です。
それを放置していたのは現場であり、すべての教育関係者の責任です。
教員本来の仕事を優先していけば、多忙化を改善することは可能
教員の多忙化 解消のための提案を聞く気がありますか?

子どもや保護者の思いが学校へ届いていない

確かに先生方が頑張っていることも、特別支援教育に関する研修も行っていることも知っていますが、いろいろな方の話を聞いていると、それが適切な子どもの支援につながっているのか疑問があります。そしてその思いが保護者に伝わっていないことも否めません。
米子市内小学校 4クラスが「学級として機能していない」という事例に限らず、県内の多くの子どもたちがさまざまな形でずっとメッセージを発しているのです。
学校が相談窓口になるはずなのですが、窓口に入る入口からつまづいている子どもや親御さんもありますので、学校や教育関係者・機関がもっと声を聴く必要があると思っています。
子どもや保護者の思いはきちんと届いていなくて、学校からの情報発信も十分ではないというのが私の感想です。
毎年子どもを語る会でも話題には上がるのですが、何年も改善されていません。
今後、いろいろな立場の人たちが同じ場で直接顔を合わせて本音・本気で語り合う場の設定が望まれます。
先生方にも苦労や悩みがありますので、学校だけに任せるのではなく幅広い人たちの知恵を出し合って「本当に子どものためになる」具体的な取り組みが必要です。
子どもたちが安心できる学校へ行くこと、保護者が安心して学校へ通わせることと同時に、学校を支える仕組みも作っていく必要があります。

学校間の連携、地域との連携をしていくために

学校間の連携、地域との連携は昔から叫ばれていますが、本当の意味での連携はできていないと私は思っています。
立場発言や責任回避のための話し合いでは意味がありません。
お互いにもっと踏み込むべきだと思い、私はそこにはがゆさを感じています。
会議をして終わりではなく、日常的なつながりが必要です。
地域との連携を進めるためには同じテーブルについた対話の場を何度も何度も重ねていく他ありません。
お互いのバリアを取り除いていかない限り、本当の意味での連携なんかできません。
参加者が一人であっても二人であってもやり続けるしかありません。
やらされる会に100人集まるよりも、本気で意欲のある3人の集まりの方がよっぽど意義があります。
今は個人的なつながりを作っているところですが、それをもっと拡大していきたいと考えています。このブログやFacebookでの発信もそのひとつの形です。
教育関係者だけの集まりではなく、そこに保護者や地域の人、福祉関係機関、関心の高い一般の人も含めた話し合いの場の設定を希望します。
これからもそのためにできることをしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

本田秀夫教授 学習障害は他の様々な手段を使って補完できます

「学習障害の方の将来は学校の勉強の出来では決まらない」 「学習障害だから仕事ができないということはない」 という本田秀夫先生の話はとても納得ができます。 私の考えている結論は ・好きなことからはじめる …

ベッドの上で職場体験実習してみいへん?

「ベッドの上での職場体験」という前例のない実習に挑む宇田さん。 宇田さんの「仕事道具」はタブレット端末とマウス、携帯電話とイヤホンです。 実習の条件は、ワードとエクセル、メールと通話ができる、ネット環 …

字の「とめ、はね」などの字体や書き順についてはどちらでもいい

漢字の「とめ、はね」などの字体や書き順について、「どちらでもいい」んだから「どちらでもいい」と教えたほうがいい。 そのほうが、教員と子どもの負担が減る。 この他にも学校には「どうでもいいこと」がたくさ …

ながの不登校を考える県民の会の参議院文教科学委員会の傍聴記録

ながの不登校を考える県民の会の取り組む姿勢、素晴らしいです。 学校へ行くのがいいとか、行かないほうがいいとか、ということではないんです。 子どもの気持ちを理解して、自分に合った学び方を選べばいいという …

福岡の小学校 校長、町議に「いじめ」情報漏らす いじめ防止対策推進法が機能していない

校長は、町議に児童の氏名やトラブルの概要などの個人情報を明かして相談。 町議は父親と面会し「丸く収めてほしい」などと提訴や転校を思いとどまるよう説得したという。 校長は「法的措置を取れば、双方の子ども …

スポンサーリンク

スポンサーリンク