仕事

働かざるもの食うべからず 生きるために働けって?

投稿日:

国民年金の月67,000円強のお金で生活できるレベルってどの程度なのでしょう。
現実としてとてもそんな額で今の生活を維持していくことは不可能だといっていいです。
徒労に終わるだけの新たなる就労支援を行なうよりも、今ここで困っている人々への現金給付が何よりも必要です。
働かざるもの食うべからず。
生きるために働け、働けないものは生きられないということですね。
国のためにせっせと納税し、こつこつと年金を納めてきた者の顛末がこういうことです。
これは自己責任とはいえません。
ひきこもりの支援といえば社会参加、就労目的がほとんどですが、それでは本当の支援にはなりません。
これは「生きるためには働く必要がある」という前提があるために生まれた対策です。
そうではなく、生きるための現金獲得のための具体的な相談ができる専門家や働かなくても生きられる制度が必要です。それは公的な予算から出すべきです。
障害者就労にしても同じで、A型B型がありますが、とても今の賃金で生活することはできません。
働きたいけど働けない、働けなくて収入が得られない。そんな生きるために必要な人のために使われるお金のためなら、所得税や消費税が増えてもいいです。目的税としての増税ならいいです。
税金とはそのために払うものだから。

自由に好き勝手なことをやる、好き勝手な場所を作り好き勝手に生きる

確かに食えるか食えないかは重要なのですが・・・
どの程度の暮らしができたら「食える」といえるのかも人それぞれの人生観、価値観に違いもあると思います。
「NPOでは食える、食えない」によって自分のモチベーションに影響する人であれば、そこに熱はないです。
「NPOで食える」ことを期待している人は「そこで食わしてもらう」という考え方なので義務的にやっている感じです。これは多くの労働者がそうです。資本主義社会の中で労働の対価としての報酬で食わしてもらっているわけです。そこには「働かざる者食うべからず」という発想しかありません。
これは非営利組織だろうと営利企業だろうと同じで、「誰かに食わしてもらう」「誰かにしてもらう」意識が強いんです。
「NPOでは食えない」ことを承知の上で活動している人は「食える食えない」ということが目的ではなく自分なりの目的に向かってモチベーションを高めていける人で、活動そのものに充実感を得られます。その先には無償ボランティアがあります。彼らは現金報酬を目的とはしていません。
あと「小さく自由に好き勝手に発信する」これってすごく大切です。
自由に好き勝手に食っていく、自由に好き勝手なことをやる、好き勝手な場所を作り好き勝手に生きる。
本来、生きるとはこういうことだと思います。
さらに、労働報酬としての賃金だけが生きるための資金ではありません。資金を得る方法はいくらでもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仕事

執筆者:

関連記事

5歳児が値段を決める美術館がめちゃくちゃおもしろい!

これ、めちゃくちゃおもしろい! アイデアだなあ。 夏休みの作品を集めてショップを開けるじゃん。 販売したい子がいたらメッセージください。 これから「商品」を作ってもいいよ。 本気です。 これをパクって …

あなたも「学歴病おじさん社員」になっています やばいよやばいよ~

西日本新聞の連載「子どもに明日を」で「貧困の現場から」というシリーズ記事が掲載されています。 「学歴病」にかかった受験競争が過熱する一方で、貧困世帯の子どもたちが取り残される「教育格差」が広がっていま …

働いていないと孤立する社会にこそ問題があります

公的なサービスは条件にしばられるために、とても敷居が高いです。 無条件で出入りできる自由な居場所が必要です。 誰かとつながることで、また誰かとつながるのがいいです。 行政の支援が入ると「枠」ができてし …

「ナリワイ」は一人ではじめられて資金も少なくてできるのが最大のメリット

「ナリワイをつくる人生を盗まれない働き方」 この本は4年前に出会ったのですが、会社や組織に縛られないで、自分らしく自由に生きることの意味を再確認できた本です。 好きなことを仕事にする、仕事も、ほしい物 …

あなたが考えている金銭教育は間違っています 搾取されても平気ですか?

源泉徴収されている給与所得者と自分で確定申告の手続きをする人では、税金に関する関心度が随分違います。 給与所得者は強制的に所得から搾取されていますが、フリーで仕事をすると節税方法を研究するようになりま …

スポンサーリンク

スポンサーリンク