教育

“それせか”篠塚さん「学校という場所は『死刑台』だった」

投稿日:

“それせか”篠塚さんからのメッセージ
「学校という場所は『死刑台』だった」
「自分の意見を押しつけるようなことはしないでほしい」
「オレはここにいるよ、誰か気づいて」
「小中学生時代の自分に、『いつかこんな日がくるよ』って伝えてあげたい」
『死刑台』に行かなくていい環境作りのために「#不登校は不幸じゃないin鳥取県」を開催します。
子どもたちが日々どんな思いでいるのか、まずはそこからがすべての出発点だと思います。
これまでの「不登校対策」ってそこが抜けていたのです。
だから「学校へ戻す」ことだけが目的になっているのです。
どうして安心できない場所に無理して行かなくちゃならないのでしょうか?
そんなこと絶対間違ってます。
直すべきなのはどっちなんだ!
今必要なのは安心して過ごせる居場所です。
それは1年後でも3年後でもなく、「今」必要なんですよね。
このイベントを通じて子どもたちの思いをみんなで共有することができたらと思っています。
参加者のみんなで楽しくやりましょう!
いろいろな人の声を聴き、たくさんの人たちにその声を広げていく。
「不登校は問題行動ではない」
これを広げていきます。
もちろん教員も教育行政も含めて。
学ぶとは「本人の声を聴く」ことから始まります。
これまでの取り組みはその最も大事なところが抜けていたことが問題です。
学校へ行かない子、学校に行かせない親が問題なのではなく、不登校の本質の理解ができていない教育行政側の問題であります。
だから、「#不登校は不幸じゃない」をやります。行政との話し合いの場も作ります。
それを「県民のつどい」につなげていきます!

「学校へ行け」と言わないでほしいです。小中学生のころの僕にとって、学校という場所は「死刑台」だったんですよ。あそこに行くと自分が死んでしまうんです。もし子どもが「学校へ行きたくない」と言ったら、親御さんには学校から子どもを守ってあげてほしいです。
それから、僕がきついときにほしかったのは上からのアドバイスではなく、隣りに座って、対等に話してくれる仲間でした。だから自分の意見を押しつけるようなことはしないでほしいです。なぜなら、みんな初心者だと思うからです。子どもは人生で初めての中学生。でも親も、人生で初めての「中学生の親」です。みんな未経験者だから、謙虚になって「自分の考え方はまちがっているかもしれない」と思ったほうがいいんじゃないでしょうか。

みんなが同じ時間に同じことをする。
さらに、上からの命令に従わなければ罰せられ、成績によって序列化される。
そんな密閉された空間でいじめ、差別が起きるのは当たり前です。
こんなところで我慢してる方がおかしいと思わないんでしょうかね。
学びは自由な環境からしか得られません。
みんなで子どもたちを解放しましょう!
「学校は死刑台だった」今も“それせか”が当時を歌う理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

第2回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい開催要項

第2回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい開催要項 ●概要 文部科学省は平成28年7月に「不登校に関する調査研究協力者会議」による「不登校児童生徒への支援に関する最終報告」において「不登校状 …

日本の国語・算数・数学教育の問題点をズバリ言います!

そもそも算数・数学って何なのか? 国語教育で身につけるべき力とは何なのか? なぜ、日本の学校では算数・数学・国語嫌いの子どもを産んでいるのか? 多くの学校では、そこまで考えてカリキュラムを作ってはいま …

第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい開催決定!

【拡散大歓迎!】 第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいのご案内です。 文部科学省は「不登校は問題行動ではない」「学校以外の場での多様な学習活動の重要性」をいっています。しかし、不登校の …

埼玉県戸田市で「教育行政のプロ」を別枠採用、全国初の試み

埼玉県戸田市では「教育行政のプロ」を別枠採用します。全国初の試みです。 戸田市では、一般行政職とは一線を画した教育行政職の採用区分を新設し、教育行政職採用希望者の面接には私も関与し、来年4月に教育行政 …

とある支援学校による上肢不自由生徒への「神宿題」、これでいいの?

学校というところは「できない理由」を言うのが得意です。 だからこんな「神宿題」を平気で出せるのです。 一人だけ特別扱いはできない、「みんなと同じようにすること」が平等だからね。 そもそも宿題なんか要ら …

スポンサーリンク

スポンサーリンク