教育

あなたは「性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?

投稿日:

今日は、倉吉未来中心で行われた「生きるためのこころ(性)の教育」という思春期保健対策講演会に参加しました。
講師は、東京医療保健大学医療保健学部 看護学科准教授の渡會睦子(わたらいむつこ)さん。
渡會さんは山形県出身で、過去数年間人工妊娠中絶率と性感染症の罹患率が上位だったそうですが、県単位での性教育を推進してきた結果、その数値はだんだん低くなっていったとのことです。
「体の性教育」というよりも思春期の「こころ性教育」ということを勉強したかったので参加したのですが、実は、鳥取県は人工妊娠中絶率が非常に高いということを初めて知りました。
鳥取県は平成12年は全国1位で、今でも高い状態が続いています。
性感染症の罹患率も他県を大きく上回り、ダントツに多いことを知りました。
人工妊娠中絶率が高いということは、何らかの地域的な背景もあるのではないかということで、山形県での性教育を推進してこられたのですが、その要因のひとつに男女間のコミュニケーションがうまくはかれないということもあるようです。
「体の性教育」だけでなく、人間関係作りや他者とのコミュニケーション能力も大きく関係しているのだということです。
統計的にも鳥取県は山形県に似ています。
山形県は人工妊娠中絶率が長年上位でしたが、性教育プログラムを取り入れて改善されています。
・自分を大切にし、他人も大切にしていくことが性教育のねらいである。
・性教育は「性行為教育」ではなく、性教育は「生きるための心を学ぶ教育」「命の教育」である。
・性教育で大切なことは、学校だけに任せるのではなく親や地域の協力を得ること。
・性教育は命の教育であるから、生徒が学習するだけでなく親にも性教育をしていかないといけない。
・今の中高生はキスしたり性行為をしたりしているのを聞いて、「私もしなければ遅れてしまう」という考え方をしているが、その考え方を変えていかないといけない。
・テレビや映画などでもキスシーンが放映されているが、キスでうつる性感染症もある。
・HIVに関するメディア情報を見聞きすることが少なくなっているが、その数は増加の一途をたどっている。
・正しい情報を正しく知ることで性に関する危険を予防することができる。
あなたは、「低年齢での性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?
鳥取県でも学校や保健師さんなどが性教育を行っていますが、私たち大人が正しい情報を知って勉強をししていくことが大切だと感じました。
「人工妊娠中絶率 鳥取県は平成12年は全国1位」
http://todo-ran.com/t/kiji/14982
「性感染症が気になったら夫に伝える?」
http://mama.bibeaute.com/article/27830/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

学校に行かないとダメですか?「学校に行かなくてもいい」とのコメントが半数

学校に行きたければ行けばいい。 行きたくなければ行かなくてもいい。 そもそも「不登校」なんて概念はない。 大人が自分達の都合で勝手に作り出しただけ。 子どもには「学校に行かなければならない義務」なんか …

何かをやる理由は「好きだから、楽しいから」それが全て

何かをやる理由は、好きだから、楽しいから。それをやっている理由なんて考えたことはないと思いますが、それをやること自体が楽しいからです。 それが全てです。その目的も結果も求めません。 だから、好きなこと …

文科省「高校の水泳授業の飛び込みスタート禁止に」する方針を発表

2月14日、高校の水泳授業でプールの飛び込みスタートを原則禁止とする学習指導要領の案が文部科学省より発表されました。 世論の高まりが国の教育指導方針を変えました。 鳥取県でも羽合小学校の飛び込み事故か …

ぴっかりさんの子育て講演会&実技講習会が倉吉で開催されます

今回の講演会のために昨年から実行委員会を立ち上げ準備を進めてきましたが、以下の通り開催することが決定しました。 ぴっかりさんの子育て講演会&実技講習会を2日間の日程で、倉吉未来中心で開催いたします。 …

漢字は細かい違いで正しいとか間違っているとか判断すべきではない

国語の専門家が集まる文化庁の文化審議会国語分科会が、漢字の手書き文字について、目安となる指針をまとめました。 漢字の書き方は「細かい違いで正しいとか間違っているとか、判断すべきではない」としています。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク