教育 暮らし

鳥取市でも新型コロナウイルスの感染者が発生したが学校は継続

投稿日:

鳥取市でコロナウイルス感染者が発生したために鳥取県内、鳥取市内の学校開放施設の利用は中止になっていますが、現段階では学校は休校にはしないようですね。
鳥取市で発生したコロナウイルス感染症患者の濃厚接触者の検査結果が「陰性だった」ということですが、それまでの行動の経緯やその後の経過状況も知りたいです。
安心したという声もありますが、「陰性だった」ということは「感染ルートが不明」であるということで、私は余計に怖いと感じました。今後の調査で分かってくることもあると思いますが、いつだれが感染してもおかしくない、感染させてもおかしくない状態であると考えています。
他県の例では感染症患者が出た場合、検査人数が急増し、陽性の人が次々増えています。
市長のいう「感染がまん延している状況ではない」、だから安心だとは誰も考えていないと思いますが、その根拠も詳しく知りたいです。
知事から「コロナ疎開に苦言」という発言がありましたが、その点も徹底して防止に努めてもらいたいと思います。
ここ数日は正確な情報が届かないで、SNSなどで不確かな情報が飛び交っていることがますます県民の不安を大きくしていると感じています。
プライバシーの問題や諸事情もあると思いますが、迅速で正確な情報提供、可能な限りの情報公開をしてもらいたいと思います。テレビや新聞などの報道機関を通じての情報ではなく、行政機関から直接情報を届けてほしいと思います。
報道特別番組「新型コロナウイルス 平井知事からのメッセージ」
新型コロナウイルスの感染者が発生した鳥取県。
不安が広がる中、平井知事に鳥取県の対応や対策について、中海テレビ放送のインタビュー映像です。


「ついに鳥取でも…」砂像制作の外国人から感染の可能性(読売新聞)
鳥取県新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト
鳥取市新型コロナウイルス関連

学校継続は適切な対応なのか疑問

鳥取市でも新型コロナウイルスの感染者が発生したために、県内各所の公的機関や施設は閉館しています。
それでも学校は継続という対応、ほんとうにこのままでいいのでしょうか。
感染者がいないのではなく、感染「確認」者がいないだけなのではとも思います。
「コロナ疎開」に苦言、鳥取県知事
新型コロナ検査可能数
新型コロナウイルス対策ダッシュボード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育, 暮らし

執筆者:

関連記事

2030年には画一的な教育は終わる。 今のスタイルの学校はなくなる。

2030年には画一的な教育は終わる。 今のスタイルの学校はなくなる。 教員の仕事もなくなる。 多様な学び方、多様な学びの場、自由な学びが主流となり、今の学校のような「みんなが同じことを強制させられる」 …

鳥取県教委のいじめ通報アプリ導入は疑問だらけです

鳥取県教委は新年度、生徒や保護者がスマホや携帯電話を使っていじめの情報を学校に通報できるアプリシステムを、県内「3中学校で試験導入」するらしいです。 身近なツールをいじめの早期発見につなげるのがねらい …

一人ひとりが特性が違うのだから、それに応じた環境が必要なのは当たり前

川や池にいる淡水魚は海に入れると死んでしまいます。 海にいる海水魚は川や池に入れると死んでしまいます。 海の深いところにいる深海魚は浅いところに連れてくると死んでしまいます。 同じ川や海でも水温が違う …

お母さんのできる子どもの自己肯定感を高める唯一の方法

子どもの自己肯定感を高めたいと思っている親御さんは多いです。 そして、どうしたら自己肯定感を高めることができるのか悩み、いろいろな人に相談に行ったり習い事に通わせたりしている家庭も多いです。 実はそん …

菊池桃子「PTAの役員決めが問題なのではなく、PTA活動自体に問題がある」

桃子さん、さすがです。 「手伝いたい方が仕事に支障を来さない形で参加できる仕組みに変える」 その通りですね。 PTAの役員決めが問題なのではなく、PTA活動自体に問題があるのです。 子どもにとって大事 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク