地域情報

「ながらスマホ王国とっとり」を確立したイベント ポケモンGOとっとり

投稿日:

「ながらスマホ王国とっとり」を確立したイベントになりました。
ポケモンGOには危険が多いといわれながら、改善するどころかその範囲を拡大しただけで、県民にとっては迷惑な3日間でした。
こんな異様な光景は見たくない。もう二度とやってほしくないです!
収容できるキャパを大幅に超える人が押し寄せれば、こうなることは十分想定できるはず。
このイベントは事前申し込みなしでフリーで開催されている。
宿泊ホテルも県全体で満員、周辺道路の交通渋滞や違法駐車が横行するのも当然のこと。
急遽開催エリアを鳥取市を含む県東部全域に拡大したとのことだが、これでまた混乱を招くのではないか。
市民の日常生活や周辺地域の観光地にまで支障を及ぼすほどのイベント開催は必要なのだろうか?
普段の交通機関まで奪ってはダメでしょ。迷惑を被っている人だっているんです。
イベントだから仕方ないの?
県と市の対応力の不十分さをしっかり反省してもらいたいものです。
こんな光景は鳥取砂丘ではありません。
砂丘そのものを楽しむことが大事だと思います。
これを本末転倒といいます。
こんな砂丘には行きたくないです。砂丘にも県民にも迷惑です。
思いつきでやるからこんなことになるんです。やるならやるでもっと総合的な対策が必要です。
月曜日の朝に砂丘と鳥取市周辺がゴミだらけになっていないことを祈ります。
ポケGOイベント、鳥取東部全域に拡大 砂丘周辺混雑で
ルールやマナーを守って使うのは当たり前です。しかし、ゲーム自体に事故につながる特性があるのは問題です。
さらに恐いのが中毒症状に陥ってしまうことです。そんなルール無視の人たちに砂丘には来てほしくないです。
今回のイベントはそんなことまで考えてやってはいないと思います。
すでに多くのところで影響が出ていますが、くれぐれも無事故で終わってほしいです。
「ながらスマホ運転は殺人」訴える父 ポケGO事故1年
イベント関係者は「砂丘で安全に楽しんでもらうはずが、実施エリアを拡大したために市街地や駐車場での歩きスマホなど、危険を招いた。危機管理が甘かった」という。
今度もまたまた「想定外だった」「想定が甘かった」と責任逃れの発言。
県内の宿泊地の事前予約や交通機関の予約状況を見ればどれだけの人が来るのか十分に予想はできる。
しかも、担当課では事前に3万人の予想も立てていた。
しかし、元々それだけの人数を収容できない、車をさばききれない交通事情があるにも関わらずイベントが実施された。
素人が考えてもこういう事態になるのは十分に想定できる範囲である。
収容キャパを超えているのだから、対応するのは不可能だ。このような影響がでるのは「想定外」ではなく「想定内」であり、明らかに準備不足なのだ。
「危機管理が甘かった」」のではなく、この企画そのものが危機を招いたのだ。
それを「想定外」だったという言い訳はいかがなものか?
市民生活にも大きな支障をきたしている。
「マナーを守るよう呼びかけた」というが、呼びかけることは安全対策ではありません。
交通アクセスを整備する、人や車の出入りを管理するなど、「実施可能な具体的な対策を講じること」を安全対策といいます。
それが十分に整っていないのに呼びかけをしても守ることは不可能です。
守るためにできることはただひとつ。
「その場に近づかない、行かない」
そこへ行けば危険だと分かっているのに、安全を確保することは不可能です。
そんな中で行われたのが、今回の鳥取砂丘ポケモンGOです。
このようなイベントをやる前に県の取り組みとしてもっとすべきことはたくさんあります。
交通アクセスの問題、これからやってくる大雪に対する備えなど課題は山積みです。
一部一時だけの経済効果優先ではなく、県民の暮らしが安全で豊かになることをしっかりやってもらいたいものです。
ポケモンGO…鳥取砂丘8.7万人!線路立ち入り、バス待ち3時間、歩きスマホ、違法駐車…トラブル続出

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

「過疎の町のパン屋」が実践する、利潤を追わない経営哲学

私がめざしているのもこの方向です。 「自分の価値」に自分で気づき、他者からその価値を認められる。そしてその価値に見合った「対価」をいただく、めざしているのは利潤の追及ではなく「価値そのもの」で報酬をい …

鳥取県中部・倉吉市災害ボランティアセンターを開設

倉吉の町は地震発生から3夜空け、4日目の朝が始まりました。 いつもの月曜日と変わりなく、学校や職場に向かいます。 鳥取県中部で災害ボランティアの受付を開始しています。 今回の地震での作業は家屋のがれき …

他の自治体の真似をしたり予算を使って冊子を作ることが地方創生ではない

やる気のない地方創生会議、交付金争奪戦と無駄遣いが地方をダメにしている。 補助金を目的にした地方創生が地方の主体性を奪っています。地方創生なんかやめた方が本気になります。 自治体は「地方創生交付金」と …

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年、情報伝達の仕組みは?

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年経ちました。 当時、被災地にに住む当事者として痛切に感じたことが、「今すぐ知りたいこと」は入ってこないということでした。 4年経った今でも屋根にブル …

憲法二六条「すべて国民はその能力に応じてひとしく教育を受ける権利を有する」を実現する!

子どもの学びを考える勉強会vol.3では「学びの目的とは?」「新しい学校つくり」についても取り上げましたが、今必要なことは教員の働き方改革ではなく「学び方改革」です。 子どもには学習権があります。憲法 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク