暮らし

五輪開催よりも被災地の復興が政権の最優先事案である!

投稿日:

東京五輪開催を被災地の復興より優先した結果となった。
政府が先頭に立ち、国民が一丸となって取り組むことは、五輪開催よりも被災地の復興だ。
東京五輪開催を歓迎する一方で、被災者の思いは様々であろう。
今後7年間で、被災地の復興全力で当たるべきである。
安倍晋三は、五輪プレゼンでこう述べた。
「福島とは離れているから東京は安全だ」と。
つまり、「東京なら安全だが、福島は安全ではない。」ということである。
このような招致活動の場での説明に対し、被災地の人々は複雑な思いに違いない。
被災者が心から五輪開催を喜べるのは、本来の生活を一刻も早く取り戻すことだ。
東京五輪開催の2020年には、被災地はどのような姿になっているのか。
その完全復興が伴わなければ、東京五輪は成功したとはいえない。
いや、7年後の2020年という遠い日をめざすのではなく、一日でも早い完全復興が待たれる。
福島第1原発の汚染水漏れは、いまだ収束のめどが見えていないにも関わらず、安倍晋三は「福島原発は完全にコントロールできている。」という大嘘を全世界にアピールしてしまった。
そして政府は今月3日、汚染水対策の基本方針を公表し470億円の国費投入を決めた。
国費とは、他でもない国民の血税であり、当然被災者の血税も含まれている。
安倍晋三は「政府が前面に立ち、解決に当たる」とは言ったが、あまりにも遅すぎた対応であることは誰が見ても否めない。
これまでの東電任せの汚染水処理は今や破綻に近い状態なのである。
さらに、テレビなどのマスコミは、こぞって東京五輪開催の決定をお祭り騒ぎ状態で取り上げている。
”公共放送”とは名ばかりのNHKをはじめ、テレビでは国民の喜ぶ姿ばかりが映し出され、多くの災害、人災で命を奪われ生活を苦しめられている人々の存在を忘れてはいけない。
7年後、多くの国民は福島第1原発の人災、被災地の実態を忘れてしまっていることも想像される。
そのような”国家的・国民的危機”の真っ直中で開催されるのが東京五輪なのであることを絶対に忘れてはいけない。
20年東京五輪:歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地
社説[20年東京五輪決定]真の「復興」世界に示せ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

自己判断、自己主張、自己決定できない者がいかに多いことか

それにしても自己判断、自己主張、自己決定できない者がいかに多いことか。 つねに指示待ちで自らは考えない、行動しない無責任体質になっています。 さらに、物事を他人事と考え、当事者意識の少ない者がいかに多 …

私たちの中学時代は枠の中にはめられているという感じではなく、みんな勝手に自由に動き学んでいた

昨日は中学校の同窓会でした。 懐かしい友との再会で楽しい時間があっという間に終わりましたが、いろいろと感じることがありました。 当時の子どもも大人も多様だった。敢えて多様性という言葉を使わなくても、皆 …

新型コロナウイルス対策として国民1人当たり10万円を一律給付へ、その財源は?

新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金の一律給付が決まりそうです。 「給付」というのが上から目線でなんだかなあとは思いますが、とりあえず安心する人は多いのではないかと思います。 こ …

ビル・ゲイツ「コロナを災いと見るか福と受け止めるかは私たち次第」

私もビル・ゲイツさんに同感です。 パンデミックを発生させているのはコロナではなく、情報です。人災です。 情報に翻弄されるのではなく、「今、そしてこれから自分はどう考えどうするか」が一人ひとりに試されて …

子どもが大人を尊敬しないのは大人がつまらない毎日を送っているから

大人が楽しく生きている姿を見たら、子どもも「あんな大人になりたい!」って思います。 「あのおっちゃん、すごい!」って思います。 子どもが尊敬しないのは、大人がわくわくしていないから。 大人がつまらない …

スポンサーリンク

スポンサーリンク