健康

「風邪は万病のもと」「病は気から」コロナは風邪、シンプルに考えよう

投稿日:2020年8月12日 更新日:

コロナは風邪、シンプルに考えよう

かかったっていいじゃない。
だってただの風邪だもの。
マスクを外して太陽の下でおもいっきり深呼吸、
これがいちばん気持ちいい。
だって人間だもの。

私は新型コロナウイルス対策は過剰だと考えています。政府、自治体の対応やメディア報道によって、「コロナは怖い。だから行動自粛が正義」となってしまいました。その「正義」が大義名分となり、暮らしのあらゆる場面で強制や制限が正当化される日々が続いています。そして、その「誤った正義」に異を唱える者は排除の対象になってしまいました。
「風邪は万病のもと」「病は気から」といいます。
風邪であっても肺炎等の合併症で亡くなる人はいます。特に基礎疾患があったり免疫力の弱い高齢者は死亡率も高いです。
どんな疾患でも死亡リスクはゼロにはなりません。これは「新型コロナウイルス」も同様です。
もともと「新型コロナウイルス」も「風邪ウイルスの一種」で毒性はかなり弱いウイルスですが、他の疾患と同様に死亡リスクはゼロには決してなりません。
なのて、「コロナは死者がでるから怖い病気」という誤った認識は間違っています。「コロナだけ」が死亡リスクがあるわけではありません。
それに対して混乱して大騒ぎするのではなく、客観的に冷静に認識、判断することだ大切です。
「これからは『コロナは風邪』と割り切る視点も必要だ」

現役医師がコロナ騒動について今思う事

私は今こそ私達それぞれが自分で考えて判断する必要があると思います。店舗であれば時短要請に応じるかどうか、個人であれば自分の社会活動をどこまで制限するのかあるいはしないのか。その他の様々なことに関しても自己責任で行動できる人間の成熟度みたいなものが求められていると思います。メディアが連日一方的かつ無責任に垂れ流す恐怖感というものは、ちゃんと自分の頭で考えて判断して行動する習慣をつけないと容易に洗脳されてしまい、人生からあらゆる機会・時間・富など様々なものを奪ってしまいます。それはまさに今回のコロナ騒動よりもはるかに恐ろしい事です。
私が「新型コロナウイルス」に関して論じさせていただくのは今回を最後といたします。
今までの私の楽観的な予測が間違っていない事を信じて、完全に日常的な風邪のウイルスとして扱われるようになった時に「こんなたいへんな事もあったよね」と笑顔で読み返せる日が来ることを心より願っています。

コロナ騒動について今思う事(最終回) (2020-08-04)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

鳥取県の平井知事、「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんて言わないで!

鳥取県の平井知事は「ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。」という。 しかし、自分が「対象者」になっても絶対に打たない! 「ワクチンは礼 …

新型コロナウイルスの感染拡大、学校も在宅学習にしたらいい

新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務の会社が増えていますが、学校も在宅学習にしたらいいです。 感染しているかどうかは検査しないとわからないのに、検査もしないで感染者が出てから学校閉鎖にしても手遅 …

大往生したければ医療に関わるな

「大往生したければ医療に関わるな」 医療と向き合うには、自分自身の覚悟がどうかを問われることだと思います。人は必ず死にます。 残念ながら、死に立ち会うことは、現在では少なくなっています。 しかし、逝く …

鳥取県、予防接種法に基づく新型コロナウイルスワクチンの副反応疑い報告状況

鳥取県内の新型コロナウイルスの疑いによる死亡5人、ワクチン接種後の死亡10人、そのうちの5人は接種後3日以内、当日亡くなった人もいる。 鳥取県ではコロナによる死亡者よりもワクチンによる死亡者の方が期間 …

厚生労働省の役人が 「PCR陽性判定=ウイルスの感染証明ではない」 と国会答弁で明言

新型コロナウイルスについて、そのワクチンについて、真実のことが発表されていません。 そして、「感染症専門家」という人たちがさらに恐怖を増大するようなコメントを繰り返しています。 そのために、多くの人が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク