暮らし

はっちゃんの生き方に学ぶ、主体的とは自分で決めて実行することです

投稿日:


「文科省がどうだ」とか「不登校がどうだ」とか、そんなことどうでもいい。
社会の制約にどれだけしばられたいの?
自分で自分を社会の枠に閉じ込めたいの?
文科省に従うこともないし、別に学校には行っても行かなくたってどっちだっていい。自分の決めた道を歩んで自由に生きたらいいんです。
そんなことにとらわれないで、自分がやりたいことをやったらいい。何をするかは自分で決められるんだからそれをやったらいい。
これだけ個人が自由に世界を相手に発信できて時間も空間も超越してそのままその場で自由に交流できるのに、狭い社会の中にいなくたっていいんですよ。
勉強したければその方法はいくらでもあるし、誰かに会いたければ会いに行けばいい。
そこに壁を作っているのは実は誰でもない自分自身です。だから、その壁は自分で壊すことができます。
何度もいいましたが、「そんなこと言ったって・・・」という人はただ単にやらなくて済む言い訳を探しているだけです。
「やらなくていいこと」「やりたくないこと」を捨てられない。どれだけ無駄なことを無理してやっているのでしょうか。
その多くは「みんながやっているから」「みんなと同じだから」っていう理由なんではないでしょうか。
それって何のためにやっているのですか?
やりたくないことをばっさり捨てたら楽ですよ~。
未来なんてどうなるか誰も分からないものを心配したって意味がありません。不安な未来のために今を我慢するくらいなら、今を楽しんだらいいんです。
今を楽しめなくて明るい未来が来るはずがありません。
世界は自分中心に回っているんだから、もっと自分の好きなことをして自分中心に生きたらいいんですよ。
自分で自分の道を創るって超楽しいですよ。
誰もが自分の価値観を持っているわけで、誰かに頼まれて自分を生きているのでもありません。
だから、それで全然OKです。
つくづく、人はやらされること、与えられることに慣らされているんだと思います。
主体的とは、自分でやりたいことを決めて実行することです。
はっちゃんを見ていてこんなことを思いました。
82歳のおばあちゃん“はっちゃん”が作る料理が並ぶ食堂、最高の生き方にも書きましたが、はっちゃんがはっちゃんショップを続ける理由。
はっちゃんは自分がやりたいからやっているだけです。自分がうれしいからやっているだけです。
自分がやってて楽しいんだから赤字になることなんてどうでもいいんですよ。
いつか会いに行きたいなあ。
田村はつゑさん、夫の遺族年金を当てて食堂経営20年

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

ドイツのメルケル首相の「コロナウイルス対策についての演説」を教材にして

ドイツのメルケル首相のコロナウイルス対策についての演説を改めて読んでみました。 国民に対するお願いからはじまります。 「市民の皆さんがこの課題を自分の課題として理解すれば、私たちはこれを乗り越えられる …

菊池まゆみさん 本気度違う藤里方式で引きこもりの若者支援

菊池まゆみさんの考え方と実践、素晴らしいです。 「支援する人・支援される人」というのは「強い・弱い」の関係ではなく、その場面での一時的な関係性に過ぎません。 どんな人であっても、場面によって「支援する …

頼れる大人がいない時どうする? 「生きる冒険地図」出版

頼れる大人がいない時どうする? 「生きる冒険地図」が出版されました。 家にご飯がない時、家族間で暴力が振るわれている時、学校で必要な物を用意できない時は、どうすればいいのか――。親が精神疾患を抱えてい …

バリア バリュー 障害を価値に変える当事者固有の価値

安全な外側にいたのでは、何も変えられません。 生きづらさを感じているすべての人、当事者こそが誰もが生きやすい社会に変えることができる主人公です。 障害を弱さと受け取るか強みと考えるかで生き方は違ってき …

大本営「大切な人の命を守るため」、自殺する若者や子どもたちが増えている

かつて大本営から「大切な人の命を守るため」と言われて特攻を志願させられ、自らの命を奪われた若者たちがいた。 そのときのメディアは事実とは異なる全く正反対の情報を流し続けていた。 今、大本営から「大切な …

スポンサーリンク

スポンサーリンク