社会問題

障害者の社会参加の一番障害となっているのが「障害の理解」

投稿日:

厚生労働省の研究グループの調査で「障害や身体機能の低下などで、手助けや見守りが必要」と答えた人の約4分の1の障害者が貧困に苦しんでいる。「賃金も安いほか、就労の場が少ない」という結果が出ています。
就労したとしても肉体的・精神的に厳しい仕事でありながら、賃金は安い。
収入の低い障害者の貧困対策として最低限の生活を保障するための仕組みが必要です。
さらに、その場が設けられたとしても、彼らをサポートする人材も必要になります。
現状では、サポーターの人材が足りていないことが大きな問題で、サポーターを養成する場も作っていく必要があります。
それにはお金も必要なのですが、お金の提供だけでなく「今自分のできることでサポート」することは可能だと思います。
障害者自身の能力も含めて、それぞれの強みをつなげることで「その人らしく」お金儲けもできます。
障害者本人への社会参加や就労に向けてのトレーニングなどの支援をしていくと同時に、周りの人の理解や環境改善をしていく必要があります。
私は、障害者の社会参加において一番障害となっているのが「障害の理解」だと思っています。
障害の理解が十分でないため、就労の場の確保や環境改善が進んでいないのです。
これは介護職や看護職にもいえることなのですが、待遇や給与以外にサポーターにとっての「メリットが感じられない」ということがサポーターが育たない要因となっていると思います。
障害があろうがなかろうが、「その人の強み」を開拓し社会に活かすことができれば、すべての人にメリットがあります。
もちろん、サポーターにもメリットは生まれます。
それに気づくことができれば、条件のいい就労の場や環境改善はどんどんすすんでいきます。
なので、お互いのメリットを享受できるという学習を行っていくことで社会は変えることができます。
社会的障害によって障害者の働く場が限られていることもありますが、「自分は障害があるからできない」と、障害者自らが諦めていることもひとつの要因だと思います。
「働く」というのはどこかの会社などに就職するだけが道ではありません。
自分の強みを活かして誰かと組むことで仕事を作っている人たちもいます。
これは、障害があろうがなかろうが「自分のできること」を仕事にする生き方です。
そのためには、障害者自らが「自分には能力がある」と気づくことからがスタートなのではないでしょうか。
「遅れている障害者支援 ー 発達障害者支援法改正へ」
http://blogos.com/outline/162736/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

東京五輪開催なんかで浮かれているときではない!

原発再稼働はなんとしても阻止しなければならない。 今日で、2011年3月11日の福島第一原発による人類史上最悪の原子力災害から2年半。 2年半経ったが、現場被災地では何の解決もできていないどころか、問 …

よなごサポステの講演会「自分らしい生き方とは?」働くことに一歩をふみ出さなくてもいい

今日はサポステの講演会に行ってきました。 田中さんの話の中で勉強になったこと、ヒントになったこと、なるほどなと思ったことがたくさんありました。 ・対象者の状態から見るサポステの限界 ・学校へ行かなけれ …

権力を持った社会的立場の強い者が弱い者を強大な力で支配する日本社会の構図

息子さんが悪質危険タックルを受けた奥野康俊さん、今も巨大組織と闘い続けています。 これは、日大だけの問題ではなく、日本社会のあらゆるところに蔓延している、権力を持った社会的立場の強い者が弱い者を強大な …

なぜ、結果を出しても給料は上がらないのか

なぜ、結果を出しても給料は上がらないのか? あなたは自分の給料がどうやって決まっているかを知っていますか? 実際、即答できる人は少ないだろうと思います。 今回は3つの仮説を立て、それを検証してみましょ …

障害者雇用の水増し、当事者はどう思ったのか?

障害者雇用「数の」水増し、私もやっぱりそうなのか、どうせまたそういことなんだろうなと思いました。 企業が法定雇用率を達成したいがために、「障害者手帳を持っている障害者」を取ろうとしていた。 特に彼女た …

スポンサーリンク

スポンサーリンク